MENU

掛け金が続く間に、どこかで連勝を重ねれば、大勝の可能性があります。逆マーチンゲール法の場合、最大の問題は、どこでやめるかという事です。

 

具体的な数字で考えると、勝ったら2倍の金額を賭けることになりますから、たとえば遊んでいる間のどこかで5連勝をしたとすると、1、2、4、8、16、32となって、コレだけで1のタネ金が32になります。カジノで遊ぶ際には、いかにして魅力的な戦術を編み出すかがカギになります。

 

またそれ以外の難点として、逆マーチンゲール法の場合、掛金が増加をする率が摩天ので、MAXベットに引っかかってしまう可能性が出てきます。負けたときは、掛け金は増やす事は皆無ですけど、なんども負けが続いてしまうと、その負けが積もっていくことになります。

 

単純に解説をすると、逆マーチンゲール戦法とは、勝ったら賭ける金額を2倍にしていく戦法の事です。うまく勝ち負けの波にのれると、実に魅力的な戦術です。

 

逆マーチンゲール法は、連勝をしているときのどこかでやめないと、結局のとこトータルでの収支がマイナスとなりますので要注意となります。カジノでは掛け金の賭け方などでコレまで、様々な戦法が考え出されてきました。

 

トータルで勝ってるときにやめなければならず、更に掛け金が続く間のうちにトータルで勝ちの範囲に入らないといけません。負けたら掛け金を2倍にしていくマーチンゲール戦法とは全く反対の賭け方です。

 

このごろでは、オッズ範囲が1〜25や1〜50という設定のものが幾多のですので、オッズ範囲の上限の制約で6限界と連勝がなっやります。この戦法のポイントは、連勝したら得る利益がかなりでっかくなるという良好点と、カジノでよくありがちな連敗中に負けを取返そうとして、更に負けををおおきくするといったことがナッシング所です。

 

その一つが逆マーチンゲール戦法です。